人工歯

歯を失ったらインプラントしか解決方法は考えられない?

インプラントは、歯が失われてしまった箇所に、まるで自分のもののようなリアルな歯を蘇らせることができるという、新しい治療法の一つです。
治療には保険が適用されないなどの難点もありますが、術後のメリットなどが注目され、この治療に踏み切る人は増えてきていると言われています。
そんなインプラント治療ですが、やはり手術と聞くとどうしても抵抗を感じてしまう人もいるでしょう。

また、費用の高さからなかなか手を出すことができないという人もいらっしゃると思います。
そのような場合、「インプラント以外の治療方法って存在しないの?」という疑問が浮かんでくることでしょう。
しかし、決してそんなことはありません。

歯を失ってしまった場合、インプラント以外にも入れ歯を使って治療するという方法があります。
入れ歯を使った治療の場合は、失われてしまった歯の量によって総入れ歯か部分入れ歯のどちらかになってくるでしょう。
ほとんど歯が失われてしまった状態となると総入れ歯、部分的に数本の歯が失われてしまっている状態であれば部分入れ歯、といった形でしょうか。

前者は顎の骨の上に、人工的に作られた歯をのせることで、歯がある状態に近付けるような治療で、後者は残っている歯を支えにして、そこに留め具を引っ掛けて歯が失われている部分に人工的な歯を入れるというものです。
このように、インプラント以外にも入れ歯という手段が存在するわけですが、このような入れ歯の治療では難点が多く見られることがわかってきています。
例えば、毎日の手入れが必要であったり、汚れがたまりやすかったり、グラつきが気になって固いものが食べにくいなどなど…。

ただ、その分保険が適用されるケースも多いので、インプラントと比べて費用を抑えられるという点があります。
入れ歯は費用的にもお手頃な治療法ですが、やはりインプラントと比べるとどうしてもデメリットが目立ちやすくなってしまうものです。
インプラントもどんどん進化して、安心して受けられるものとなってきていますから、その点も踏まえて、自分にとって最善の治療法を選んでいきたいものですね。