人工歯

差し歯とインプラントはどのような違いがあるとされていますか?

差し歯とインプラントって同じでしょ?
そう思っている方も多いと聞きます。
ですが、これら2つは全く違います。
まずはそれぞれにどういった特徴があるのかを知っていきましょう。

まずはインプラントです。
これは最近話題になっている歯科治療で、顎の骨に歯の根っこの部分となる金属を埋込み、そこに人工歯を取り付けるという治療です。
天然の歯と同じような見た目で同じように噛むことができるとされており、実際入れ歯などと比べるとぐらつきもなく、また何度も作り直しが必要といったこともありません。
ただ、ネックとなっているのが治療期間と治療費です。

インプラント治療は自由診療であるために、治療費が高額になりがちです。
平均、1本あたり30〜50万円かかると言われています。
また治療期間も早くて半年、長ければ1年以上もかかると言われています。
つまり、インプラントは根っこから失ってしまった歯を、もう一度人工的に作り直すというものです。

一方の差し歯は、インプラントのように根っこから作るものではありません。
歯の全体、あるいは残っている部分に支台を立てて、その上にかぶせものをしたもののことです。
歯が残っていない場合、差し歯はできません。
この差し歯はむし歯になってしまった時などにできるだけ残し、その上から歯のかぶせものをする、といったような使われ方をします。
土台は金属であり、固定されるのでぐらついたりする心配はありません。

また治療費に関しては使われるかぶせものの素材によって保険適用と自由診療とがあります。
安価なプラスチックの場合は保険適用、セラミックやジルコニアといった見た目もよく強固なものなら自由診療となります。
自由診療の素材の場合は1本10万程度することもあるので、高額になりがちです。

このようにインプラントと差し歯では、根本的に使われ方も治療の仕方も異なっています。
そして治療に関してかかる費用などもまったく異なっています。
どちらの治療がいいのか、などの疑問があれば、歯科医に相談してみるといいでしょう。
良い歯科医ならば、自分にあった治療法を提案してくれるはずです。