人工歯

インプラントをしていてレントゲンを撮るとどんな感じで表示されるの?

インプラントは外から見ると本物の歯と大差ありません。
むしろ、それをインプラントだと見破れる人のほうが少ないでしょう。
ですが、レントゲンを撮ると、インプラントであることはすぐにわかります。

天然の歯でレントゲンを撮ったことがある人ならわかるかとは思いますが、レントゲンを撮ると歯茎の中にある歯の根の部分まで綺麗に映りますよね?
当然、インプラントの場合、歯茎の中に埋まっているのは金属のボルトです。
これがレントゲンを撮影すると見えます。

形も天然のものとは違いますから一目瞭然にわかってしまいます。
肉眼ではわからなくてもここでバレてしまうというわけです。
ですが、レントゲンを撮るシーンというのは限られています。
誰かに見られるわけでもありませんから、さほど気にする必要はありません。

ただし、その診療の際にどのようなことをするのか、によってはインプラントを埋め込んでいることを事前に伝えておく必要がある場合もあります。
レントゲン撮影をすると気にはインプラントであることを伝えておくとトラブルにもなりません。
また、よく患者さんはインプラントをしたらCTやMRIはできないと思っている人がいますが、決してそんなことはありません。

インプラントについては特に問題がないとされているんです。
CTやMRIでは金属はNGのはずなのになぜインプラントは大丈夫なのか、その理由はインプラントに使われている金属にあります。
インプラントにはチタンという金属が使われています。
チタンはX線吸収が少なく、CTなどに影響がないと言われているのです。

またMRIの場合、磁気に反応するような金属はNGとされていますが、チタンは磁気に反応する金属ではありません。
そのため、つけていても問題がないとされているんです。
レントゲンやCT、MRIの撮影も問題のないインプラント、意外とそういう方面には万能なようです。
ただし、中にはインプラントと義歯を磁気で着脱するものもあります。
この場合はMRIなどの際に十分ご注意くださいね。