人工歯

インプラントは金属探知機に反応する心配はないの?

インプラント治療というのは、顎の骨に金属を埋め込むことになります。
天然の歯と同じような感覚で噛める、見た目もよくなる、というメリットがある一方で体に金属を埋め込むということに抵抗がある人も多いことでしょう。
なぜなら、金属を埋め込むことによって、生活に支障が出るのではないかと心配しているからです。
では、実際に、インプラントを埋め込むことによって何か生活に問題は発生するのでしょうか。

例えば、金属といったら空港にある金属探知機です。
別にやましいことはないはずなのに、あそこに行くとなぜだか緊張してしまいますよね。
なのに体にインプラントを埋め込んでいる状態で金属探知機に反応しやしないか…と患者さんはドキドキしてしまうことでしょう。
実は、僅かな確率ではありますが、その憂いがヒットしてしまうことがあります。
とはいえ、やましいことではなく治療としてその金属を埋め込んでいるわけです。

個別に係員の指示に従って簡単な身体検査と質問に答えるだけで問題はありませんから、何も心配することはありません。
また海外へ行かれる場合においては、医療機関で発行してもらえるインプラントの証明書やIDカードを空港で見せれば問題ありません。
証明書には、英語でインプラントに関する情報(医師名や医療機関名、手術内容、インプラントによって金属探知機が反応する可能性がある、という旨の内容)が書かれているので、それを見せるとスムーズに通ることができますよ。

仮に英語を話すことができない、という場合でも誤解されることなく検査を通ることができますので、海外へ行くとなった場合にはこうしたものを前もって発行しておいてもらうといいでしょう。
インプラントは金属アレルギーも起こしにくいチタンという金属でできているため、患者さんが心配するほどの生活への支障はほぼありません。
インプラントであることに後ろめたさを感じることもありません。
胸を張って堂々としていることが一番ですよ。