人工歯

インプラントと入れ歯ではどのような違いがあるの?

今まで、歯を失ってしまった場合の処方として代表的だったのは入れ歯でした。
入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯の二つが存在し、欠損している状態によって使い分けられていたという感じですね。
しかし、最近ではインプラントという新しい治療法が登場し、注目されるようになってきました。
そこで、入れ歯とインプラントには一体どのような違いがあるのかを、ここでご紹介していきたいと思います。

まず、入れ歯の特徴についてです。
最も有名なのは総入れ歯と言われる、人工で作られた歯を丸々顎の骨の上にのせて使うタイプのものでしょう。
これは取り外し可能で、自分で毎日手入れをしていくことになります。
また、部分入れ歯については歯が失われている部分が少ない場合に適しています。
両隣りの歯を使って留め金などによって歯を固定し、補うといった治療方法です。

こうした入れ歯による治療の場合、入れ歯に使われている材質にもよりますが、基本的に保険が適用されるため安いという特徴があります。
しかし、反面でデメリットは大変多く、健康な歯まで危なくなってしまったり、顎の力が損なわれてしまったり、口の中が不潔になりやすく、トラブルに発展しやすくなってしまうようです。
一方、インプラントの特徴について見ていきましょう。
治療の方法は、歯が失われてしまったところにチタンの棒をまずは埋め込みます。

それから、そこに人工的な歯を被せることで、まるで本物の歯を取り戻したかのようにすることができるのです。
現在、この治療は自由診療に分類されているため、保険が適用できないものとなっています。
そのため、費用が高いことや、治療が手術になること、ある程度安定するまでに期間を必要とするなどの難点がありますが、反面様々なメリットも存在しているといいます。

例えば、入れ歯に比べるとぐらつくこともなく、自分の歯のように扱えるため、顎の力が弱まることはありません。
また、周囲の歯を使って固定するなどもないので、他の歯を痛めてしまう危険性もないでしょう。
また、固いものも食べやすく、言葉をしゃべるのも快適であるなど、インプラントはまさに新感覚で魅力的な治療法といっても過言ではないでしょう。