人工歯

インプラントの痛みは心配ないですか?

インプラントの治療というのは、歯を失ってしまった部分に人工的な歯を埋め込むというもののことを指します。
そのため、当然治療は手術が必要になるものとなるわけですね。
しかし、手術という言葉を聞くと、あまり良いイメージを抱けないという人も少なくないでしょう。

入院しなければならず、ある程度の日数が必要となるイメージもありますし、特に気になるのは「痛くないの?」ということですよね。
果たして、インプラント治療は痛みを伴うものなのでしょうか。
結論から言いますと、治療の際にはちゃんと局部麻酔が使われることになります。

そのため、手術中に痛みに悩まされるということは、まずないといっていいでしょう。
しかし、問題はここだけではないですよね。
手術中は当然、麻酔のおかげで痛みを伴うことはないでしょう。

しかし、本当の問題はその後のことなのです。
手術が終わってから1日から2日程度までは、やはり腫れてしまうなど痛みを感じてしまうことはあるようです。
ただ、その度合いは個人差がありますし、基本的には病院側が薬を処方してくれますので、それを飲んでいれば痛みを和らげることができます。
そのため、手術の後の痛みについてもそこまで心配する必要はないといって良いでしょう。

万が一何らかのトラブルが現れたとしても、すぐに治療してもらった病院で対処してくれるはずです。
インプラント治療は、痛みについての心配を抱いている人が少なくありません。
しかし、このように痛みについての対策はきちんと考えられていますので、安心して手術を受けることができるでしょう。

ちなみに、もしも手術が怖い…という場合でも、問題ありません。
そのような場合には、静脈内鎮静法という方法が使われるので、恐怖心を煽られることなく、手術を受けることができるようになっています。
手術自体もそんなに長いものではありませんので、体に対する負担も大きいものではないでしょう。
このように、インプラント治療の手術については色々と対策がなされているものですから、特に心配はいらないと言えます。