人工歯

インプラントは高額な費用がかかるというのはどうして?

インプラントは今の段階では、保険が適用される治療ではないということをご存知でしょうか。
この「保険が適用されない」という範囲については、インプラントの手術のみの話、と思っている人は多いようですが、実際はそうではありません。
実は、手術前に必要な検診やレントゲン、精密検査などの費用にも適用することができないと言われているのです。
それでは、インプラント治療にはどのような費用がかかってくることになるのかを、具体的にまとめていきたいと思います。

まず、手術をする前に必要な検査費用がかかることになります。
この検査は、レントゲンを撮ったりしてインプラントを埋め込んでも問題がないかどうかをはじめとして、手術をするために必要なことを調べるためには欠かせません。
この費用については元々インプラント手術費用に含めて公開しているところもあれば、別途としているところもありますので、治療前にしっかりとチェックしておくようにしましょう。

次にインプラント手術の費用を見ていきましょう。
実際の手術では、インプラントを埋め込む際の手術にかかる費用と、上の葉の部分を構造するためにかかる費用とで別々にかかってくることになります。
まず、歯の部分にかかってくる費用についてですが、これはどのような材質にするかなどによって全く異なってきます。
それぞれのクリニックでも種類や費用は違うので、自分が治療をうけるところのものをチェックしてみましょう。

また、埋込みにかかる費用ですが、こちらは大体相場が決まっており、平均的な料金は20万円程度と言われています。
このような値段になっている理由は、埋め込む棒に使われている材質がチタンであることが挙げられます。
チタンは最もインプラントに適しているため使われていますが、そのものの値段が高いため費用も高めになってしまうわけですね。

また、手術をする中でそれ以外に費用がかかってくる場合もあるので、その点も十分考慮しておきましょう。
例えば、顎の骨の量が不足しているのであれば、追加手術が必要になることもあるようです。
このような追加手術の有無については、担当のお医者さんに確認するなどしておくことをおすすめしますよ。