人工歯

インプラントの歯の形はどのような形の物がありますか?

せっかくインプラント治療をしたのに、なんだか噛み合わせが…なんてことになったら悲しいですよね。
人工的に作られる歯の中では最も自然に見えるインプラント、その部分の歯がおかしな形になっていたり、噛み合わせが悪くなったりと天然の歯と調和がとれていないと魅力も半減してしまいます。
ですが、多くの場合、インプラントの歯というのは周囲の歯ときちんと調和している状態で作られます。
それはなぜでしょうか。

そもそもインプラントを作るときというのは打ち合わせに打ち合わせを重ねて作ります。
口の中はただでさえ、自分では見えない場所ですから、きちんと目に見える状態にして、患者さんと歯科医の二人三脚で作っていくのです。
では、どのようにしてインプラントの歯の形は決まるのでしょうか。

まずは、型をとります。
口の中の型や歯の型をとって歯並びなどをチェックするのです。
さらにそこから本人の希望などを混ぜて、どのような形にしていくのかを決めます。
そこからもっと細かくインプラントの形を決めるために、口の中の模型を作ることが多いのです。

天然の歯と変わらない使用感を出すためには、このくらい細かいカウンセリングが必要になるのです。
ちなみに、もしもインプラント治療後、歯の形を変更することも可能になっています。
ただしこれはインプラント治療の方法にもよりますから、歯科医にきちんと確認をとっておきましょう。

また、歯の形を変更する場合、やはり歯茎や骨にダメージを与えてしまうことになりますので、できるだけ1度の治療で満足するようにカウンセリングは納得するまで念入りに行いましょう。
歯の形を満足いくものにするためには、歯科医と患者の連携が必要不可欠です。
ですので、歯科医を選ぶときには患者との連携を重んじる人や話を親身になって聞いてくれたり、あるいは説明などを丁寧に行ってくれる人を選ぶようにしていきましょう。
自分の治療方針などを押し付けてくる歯科医だと、満足いく歯の形にならない可能性もありますよ。