人工歯

インプラントが怖い物ではないのはどうして?

歯の治療でも新しいと言われているインプラント、既にどのようなものかご存知の人は多いと思います。
インプラントという治療がどのようなものかを簡単に説明するとしましょう。
例えば、もし何らかの理由で歯がなくなってしまったとします。

今までの考え方であれば、失われた部分は部分入れ歯などで補う…というのが基本的な治療方法でしたよね。
インプラント治療は全く新しいタイプの治療方法となっています。
具体的な内容としては、歯茎に人工的に作られた歯を埋め込むというものです。

このため、インプラント治療によって蘇った歯は本物に近く、なれてくれば自分の歯のように扱えると言われているのです。
しかし、インプラントはその治療内容のためか、「怖いもの」と思われてしまうことも少なくありません。
確かに、歯茎に人工的な歯を埋め込む…などの説明文を見ていると、なんだか痛くて大変な治療をイメージしてしまいがちです。
治療自体も手術が絡んでくるものなので、不安や恐怖などが生まれてしまうのは、無理のないことでしょう。

では、インプラントは実際のところ、本当に怖いものなのでしょうか?
結論から言うと、特に怖いものというわけではありません。
確かに大掛かりな治療にはなりますが、患者さんの方が不安を抱きやすい部分に関しては、きちんと対策が考えられています。
例えば、手術の最中は局部麻酔が使われますが、意識はあるものの、ほとんど寝ているような状態の中で行われるため、痛みはもちろん苦痛を感じるようなものとなることはありません。

また、もしも手術自体に恐怖感があってどうしても落ち着かない…という場合には、それ相応のケアや対策をとってくれると言われています。
また、手術が終わったあとの痛みについても、しっかりと考えられており、痛みを和らげるための薬などが処方されるでしょう。
このように、インプラントの手術は基本的に痛みなど、患者さんの恐怖の対象となりやすい部分についての対策が考えられているものです。
入れ歯と比べると口内トラブルに発展する確率も少なく、安心できる治療と言えるでしょう。