人工歯

インプラントを実行した方が良い人、実行しないほうが良い人の違い

持って生まれた歯をなんらかの理由で失ってしまうと悲しいですね。
その歯を取り戻す治療法として、注目されているのがインプラントです。
人気も高く、多くの人がこのインプラント治療で噛むことができるようになったと言われています。
ですが、万人に適している手術ではありません。
手術をしないほうがいいという場合もあるのです。

■手術に適した人■
基本的に骨がしっかりとしており、健康状態に問題がなければ手術をすることが可能です。
自分の歯を取り戻すことで自信も取り戻したいという人や、自分の歯と同じ感覚で食事をしたいと思っている人は非常に適した治療法であるといえます。
未成年であっても、骨がしっかりと形成されている年齢(18歳程度)になっていれば手術をすることは可能です。
事故やなんらかの理由で歯を失ってしまった人、年齢を重ねて歯を失ってしまった人などに適しています。

■手術に適していない人■
意外にもインプラント治療ができない人は多くいます。
以下の病気を持っている人、理由に当てはまる人はインプラント治療をすることは好ましくありません。
・骨粗鬆症・・・骨がもろくなる病気ですから、当然ですが、インプラントを埋め込む顎の骨ももろくなっています。
そのため手術をすることができません。
・腎臓病、糖尿病・・・この場合は体の抵抗力が落ちているためにインプラントを埋め込んだとき感染症などを引き起こす可能性があります。
また腎臓病の場合、きちんとインプラントと顎の骨が接合しない可能性があります。
・メンテナンスができない人・・・なんらかの理由で定期的にメンテナンスとして歯科医院に通うことができない人はインプラントには向いていません。
インプラント維持にメンテナンスは必須です。
・歯磨きが苦手・・・インプラントの人工歯は汚れがつきやすく傷みやすいので、入念な歯磨きが必要です。
歯磨きが苦手な人には適しません。

いかがですか?適した人と適さない人の違いはわかりましたか?
そして、必ずしもインプラントが最善の治療法ではないことを知っておきましょう。
その人にあった最善の治療こそが健康な歯を保つための秘訣なのです。