人工歯

インプラントで医療費控除を受けるにどのような実行した方がベストですか?

インプラントは何らかの理由で歯をなくしてしまった時、自分の歯を取り戻すための治療のひとつです。
入れ歯のように何度も作り直さなくてはならないものに比べて、インプラントは義歯を埋め込むために、強度もあり定期的なメンテナンスさえしていれば長く使えるものになっています。
ですが、残念なことに、インプラント治療というのは健康保険の適用ではありません。

従って「自由診療」となり、1回の治療でかなりの金額がかかってしまうこともあります。
歯科によって異なりますが、大体数十万円はかかってくると見た方が賢明でしょう。
「インプラント治療を受けたいけれど、高額すぎて…」と思っている人も多いのではないでしょうか。
ですが、実は高額な治療費を一部返還するとう救済策があるのです。

それが「医療費控除」というものです。
医療費控除はその年の1月1日〜12月31日までの間で医療費が10万円を超えた場合、一部を返還するというものです。
あるいは年収が200万円以下である場合には年収の5%を超えた場合適用されます。
しかし、黙っていても適用されるというわけではありません。
きちんと自分で申告しなくては返還されないのです。
では、どうすれば医療費控除が適用されるのでしょうか。

まずは書類を用意しましょう。
医療費控除は確定申告の際に行うものです。
「確定申告のための用紙」と「その年の源泉徴収票」「治療時の領収書」「支払われた保険金がわかる書類」「交通費の領収書(かかった場合)」、領収書がないもので対象となるものがあるなら「医療費控除の内訳書」などを用意しておきましょう。
あとは印鑑や銀行口座の口座番号がわかる通帳などを用意しておくとスムーズに手続きができます。
これを持っていって手続きをすれば間違いはありません。

書類について少し気をつけたいことは「誰が」「いつ受けた」治療なのかを明確にしておくということでしょう。
医療費控除は期間が決められています。
例えば年をまたいでしまったりしている場合にはそれぞれの年の分として控除の申請をしなくてはなりません。
書類の日付などをきちんと見て、滞りなく手続きができるようにしておきましょう。