人工歯

インプラントの歯の色の決め方は何か決まりごとがありますか?

インプラントは、入れ歯などと違いぱっと見ただけでは人工の歯だとはわからない、というのが魅力のひとつです。
ですが、気になる部分もあります。
それはインプラントの部分だけ浮いてしまわないか、ということです。

例えば、天然の歯の部分と人工の歯の部分の色が違ったらどうでしょう?明らかに「ああ、あそこは人工のものだな」とわかってしまいますよね?せっかく見た目の自信を取り戻したいと思ってインプラントにしても、周囲の天然の歯と馴染まないのではまるで意味がありません。
ですが、それについては問題ありません。

人工の歯の部分というのは、周囲の歯の色などに合わせて作成することができるのです。
調和もしやすいように作ってくれるのです。
また、多くの患者さんはインプラントにすると同時にホワイトニングを行って、全体的に歯の印象を白にする傾向があります。

というのも、歯の色が黄ばんでいたりするとそれだけで老けた印象や不潔な印象を与えてしまうからです。
逆に白い歯というのは健康的で若々しい印象を与えてくれるために、ホワイトニングをし、清潔感のある歯に仕上げるのです。
しかし気をつけなくてはいけません。

せっかくホワイトニングをして綺麗な白い歯にしても、普段の生活習慣などが悪いとすぐに歯というのは色が変化してしまいます。
ですのでインプラント後はきちんとメンテナンスをすると同時に、普段の食事などにも注意しなくてはいけません。
歯の色が変わる理由は、多くの場合着色汚れです。

コーヒーや紅茶、ワイン、カレーといった飲食物の色素が沈着してしまったり、あるいはタバコを吸っている場合はヤニで黄ばんでしまうこともあります。
食事の着色汚れに関しては、歯磨きの工夫でなんとかなるレベルですが、タバコはインプラント自体の寿命さえも縮めてしまうので、これは避けたいところです。
せっかくのインプラント、せっかくのホワイトニングです。
日々のケアにもきちんと気を遣うことで、歯の色を保ち、若々しい印象をキープできるようにしていきましょう。