人工歯

インプラント手術に使われる麻酔にはどのような物がありますか?

インプラント治療は手術を伴います。
そしてその際は当然ではありますが、麻酔が使われることとなります。
患者さんは麻酔のおかげでまったく痛みを感じることなくインプラント治療を受けることができるのです。
では、実際に手術の際にはどのような麻酔が使われているのでしょうか。
インプラント手術で最も使われている麻酔は「局部麻酔」というものです。

これは、全身麻酔とは違って、局部、つまり手術をする一部分のみに麻酔をかけるというものです。
インプラントだけではなく、抜歯などをするときにも使われるものです。
インプラント治療を受けている患者さんにとってはそこまで珍しいものでもないでしょう。
この局部麻酔、痛みこそなくなりますが、患者さんの意識はしっかりしていますので、手術をしている間の音や振動、なんとなく察する状況などから緊張してしまったり、あるいはパニックを起こしてしまう人も中にはいます。

ですので、最近はそういった手術への不安や緊張を軽減するためにある麻酔が使われています。
それが「笑気麻酔」と呼ばれるものです。
これは鼻から笑気ガスと呼ばれるガスを吸うことによって、患者さんの緊張や不安を和らげて痛みを感じにくくするというものです。
落ち着いた状態になることができるので、パニック状態になることなどを防ぐことができます。

特に副作用もありませんので、局部麻酔と一緒に使われることが多くなっています。
さらに、過去の手術などで手術に対して極端な不安を抱いてしまっている人や、あるいは全身疾患があるという場合には「静脈内鎮静法」という方法で麻酔がされます。
これは腕に点滴をしながら鎮静剤を投与することです。
全身麻酔ように、極端な負担がないのが特徴となっています。

この静脈内鎮静法を行っている間、患者さんは眠っているような状態になっているので、手術のことが曖昧だったり、あるいは覚えていないという人もいると言います。
ただし、この静脈内鎮静法を使った場合、その日は車の運転をすることができません。
患者さんの状態や希望によって、さまざまな麻酔が使われている、というのもインプラント手術の特徴です。
自分は麻酔がちょっと…という人も歯科医に相談してみるといいでしょう。