人工歯

金属アレルギーのある人はインプラントは実行できないのはどうして?

インプラントは、顎の骨に埋め込まれる部分に金属が使われています。
ですので、金属アレルギーの人は治療ができない…と思っている人も多いことでしょう。
もしもアレルギー反応が起きてしまったら…と考えたら確かに、インプラント治療は怖いことでしょう。

本当に、金属アレルギーの人はインプラント治療をすることができないのでしょうか。
そもそも金属アレルギーというのは「すべての金属にアレルギー反応を起こす」というものではありません。
なんらかの影響である金属に対し、アレルギー反応を起こすものです。

主にアレルギーを起こしやすいと言われているのはニッケルやクロム、銀などの金属です。
ですが、インプラントに使われている金属はチタンというものです。
実はチタンは金属アレルギーを起こしにくいと言われている金属です。

それはチタンの性質によります。
チタンは空気に触れることによって表面に膜ができます。
これにより、金属が溶けだすことがありません。
歯科治療によって起こる金属アレルギーは汗、体液などによって金属が僅かに溶け出しそれが体内に入ることで起こります。

まず溶け出すことがないチタンはこのアレルギー反応が起こりにくいというわけです。
また、インプラントの上にかぶせる人工歯の部分についても、アレルギーを引き起こす可能性のある金属を選択肢から排除し、アレルギー反応が起こらないセラミックを使うなどすれば、まったく問題ありません。
金属アレルギーだからとインプラント治療を諦める必要はないのです。

インプラント治療をしたい、となったら、まずは一度担当医に相談してみるといいでしょう。
もし、それでもどうしても心配である場合には、まず自分にチタンのアレルギーがあるかどうかを調べてもらうといいでしょう。
皮膚科でアレルギーを調べることができるようになっているはずです。
そこで自分のアレルギーを確認しておけば、気兼ねなくインプラント治療に踏み切れることでしょう。